スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Version 1.0.7 で、計算アイコンの種類も大幅追加しました♪

前回の記事にも書きましたが、Version 1.0.7でアイコンを大幅に追加しました。

まだ私自身、これだ!!という使い道が思いつかないのですが、とりあえずこんな感じかな?というサンプル計算式を作ってみました。
体重が50kgを超えるかどうかで、処方する胃薬の数を算出する式です。

・・・いや、ホントつまらない式なんですけど他に思いつかなかったんでご了承ください。
ちなみに2枚目の画像が、今回追加したアイコンを引っ張り出した状態です。


スクリーンショット(2010-07-16 3.24.31) スクリーンショット(2010-07-16 3.24.39)


Ifアイコンの画像がゴチャゴチャして変ですが、試行錯誤してこうなりました。。。
もうちょっといいのを思いついたら変えるかもしれません。

いい計算式できたよ!!という方、ぜひキャプチャをアップしてくださいね。
このブログのコメントには画像を添付できないようなので、どこかにアップしてご連絡いただけるとうれしいです。
もちろん、このブログで紹介させていただきます♪



追加したアイコンは以下の通りです。
ざっと機能概要も説明しちゃいます。

------------------------------------------------------
■If:条件分岐アイコン
上部の入力値が0だと、左側の入力値がそのまま出力されます。
上部の入力値が1(0以外)だと、右側の入力値がそのまま出力されます。

■AND:論理積アイコン
左側の入力値と、右側の入力値がどちらも1(0以外)の場合、1を出力します。
上記以外の場合、0を出力します。

■OR:論理和アイコン
左側の入力値と、右側の入力値のどちらかが1(0以外)の場合、1を出力します。
上記以外の場合、0を出力します。

■=:比較演算子(等しい)アイコン
左側の入力値と、右側の入力値が等しい場合、1を出力します。
上記以外の場合、0を出力します。

■<:比較演算子(小なり)アイコン
左側の入力値が右側の入力値より小さい場合、1を出力します。
上記以外の場合、0を出力します。

■>:比較演算子(大なり)アイコン
左側の入力値が右側の入力値より大きい場合、1を出力します。
上記以外の場合、0を出力します。

■≦:比較演算子(小なりイコール)アイコン
左側の入力値が右側の入力値と等しいか、小さい場合、1を出力します。
上記以外の場合、0を出力します。

■≧:比較演算子(大なりイコール)アイコン
左側の入力値が右側の入力値と等しいか、大きい場合、1を出力します。
上記以外の場合、0を出力します。

■≠:比較演算子(等しくない)アイコン
左側の入力値が右側の入力値と等しくない場合、1を出力します。
上記以外の場合、0を出力します。

■M+:メモリープラス アイコン
入力値を加算用の値として保持します。

■M-:メモリーマイナス アイコン
入力値を減算用の値として保持します。

■MR:メモリーリコール アイコン
計算式内の全てのM+アイコンの値の総和から、M-アイコンの総和を引いた値を出力します。
(全てのM+、M-アイコンに値が入力されていないと、MRアイコンからは値が出力されません。)

------------------------------------------------------

これらのアイコンは、計算式設計画面下部のボタンエリアの左側にある、黒いボタンをタップすると表示されます。


引き続き、他にもレビューでいただいているアイデアをできるだけ実装していきたいと思います。

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

翻訳Leggero
プロフィール

kinakogege

Author:kinakogege
趣味で作ったアプリ等のサポート用ブログです。
リンクフリーです。
よろしくお願いします。

blobramカウンター
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。